一つ一つ&強運がついてる

先週末は胃の内視鏡検査と今後の説明。
結果、4つのポリープが見付かり、組織検査へ。

7月3日にPTEGの手術。
先ずは、今後の治療に向け、栄養補給と体力を優先。
手術後数日間、挿入した管と栄養剤の調整をした後
問題が無ければ、経鼻管を抜く事になる。

安定し、体力が回復してくれれば
大腸に見付かった数個の腫瘍のうち、大きな物を切除する事となる。

一つ一つを、義父の意志を確認しながら
良い状態へ向け、義父と進んで行きたい。

急変後、益々義父の強運を実感する。
療養介護病棟と急性期集中治療病棟では、対応が違う。
療養と集中治療の違いがあって当然の事。

口腔ケアは、療養介護病棟のスタッフの方々の方が慣れているし
使う器具も違っている。
急変した日、人事異動で担当の介護士さんが治療病棟に異動。
お蔭で、治療病棟では使わない吸引式口腔ケアブラシも使ってもらえていた。
口腔ケアは、肺の病気には大切な事。

そして先日、お世話になっていた嚥下の先生が来てくれた。
急変後もPieは、可能な嚥下マッサージを続けて来た。
義父の顔、喉周り、唾液腺は、ほぼ維持出来ているとの事。
それを受け、現時点で、肺炎の回復に繋がる口腔内のケアを、丁寧に教えてくれた。
体位、角度、圧等、慎重に注意する点は多いが
また一つ、義父の回復へ繋がる事が出来る様になった。

また、急変後の主治医は、本人と家族の意志確認を丁寧にしながらも
状態を確認しながら、要介護5の義父にも、積極的治療と可能性を模索してくれる。
本当にありがたい!

義父は、決して諦めず、回復への希望と意志を捨てていない。
急変を乗り越えた義父が、前に進める環境にある事
義父の意志の強さが引き寄せた運でもある。
強運がついている、大丈夫だ!
スポンサーサイト
[ 2013/06/25 23:41 ] すまいる(介護・家族の健康) | TB(-) | CM(12)

どこもかしこも(汗)

昨日は午前中、Pieの診察&治療の間にガーデニング。
どこもかしこも草ボウボウ(汗)
     resize7269.jpg

coco&wizの手も借りたいが
元気に遊んでくれる姿が一番のエネルギー。
     resize7268.jpg

庭もcoco&wizが走れ回れるようになりました。
小鳥も満足そうに、散策中?
     resize7267.jpg

お気に入りの木々も花をつけています。
ニワナナカマド、ハコネウズキ、クレマチス
resize7266.jpg resize7264.jpg
resize7263.jpg resize7262.jpg
今年は、庭でゆっくりは出来ないので蕾のうちに、切り花にしてお裾分け。

お昼前には、義父の病院へ。
昨日は、胃の腫瘍確認のため内視鏡検査。
頑張る義父の応援団。

結果は「すまいる」に綴ります。
[ 2013/06/23 21:24 ] ガーデニング | TB(-) | CM(2)

検査続き

峠を越え、肺と腸の検査が続いている。
造影剤を使い、肺、胃から大腸まで検査。

肺は、当初懸念された破壊は差ほど進まずに済んだ。
肺炎部分は残っているが、肺炎は治療が出来る。

急変後、経鼻経管栄養を中止し、高カロリー輸液に変更。
経鼻管は抜かず、小腸から上がる消化液をポンプで吸い上げていたが
ポンプを外し、解放の形になった。
消化液の逆流もだいぶ治まって来た。

腸閉塞の原因究明。
検査で大腸に3センチ~4センチの腫瘍が発見された。
組織検査の結果は出ていないが、良性であっても切除の必要があるとの説明。
土曜には、胃にも腫瘍が無いか調べる事となった。

経鼻経管栄養は、義父にはリスクが大きいため、今後出来ない。
しかし、義父は胃を半分切除しているので、胃ろうも出来ない。
高カロリー輸液だけでは、体力が持たない。
医師と家族で相談し、義父の意志も確認し
今後、PTEG(食道から小腸へ直接管を挿入する方法)へ向け
検査を続けながら、手術へ向け体力回復をして行く事となった。

またリハビリが出来る日が来る!
強く信じ、間接が固まらないよう、皆でマッサージを続けています。
今出来る事、義父と共に頑張ろう!

P.S.
カメラの存在を忘れてるな(汗)
coco&wizの日々の表情、荒れ放題の庭(苦笑)Pieの介護グッツe.t.c.
気持ちの余裕も大事にしよう
[ 2013/06/20 23:01 ] すまいる(介護・家族の健康) | TB(-) | CM(2)

峠を越えた!

急変後14日、峠を越える事が出来た。
肺の細胞が徐々に破壊されてしまうARDS。
「30分後の命の保証は」と言われる状態から脱出。
腸の閉塞も、わずかだが動いている様子。
義父の生命力の強さ
義父の頑張りに感謝は尽きない。

モニターを見つめ、血液中の酸素濃度が下がる度
「ゆっくり息を吸って」と声を掛け続けた日々。
その都度、義父は応えてくれる。
看護士さんが来る少しの間すら怖い日々だった。

何度も危険な状態を乗り越えてくれた義父。
大丈夫!
明日から、状態をみながら詳しい検査も始められるとの事。
安定、回復に向かってくれている事を強く祈ろう!

coco&wizもお留守番時間が長いが、頑張ってます。
すっかりパパっ子になってくれたかと思ったが
Pieが戻ると、Pie←coco←wiz
女トリオが連なって移動(笑)
この光景に、Pieも複雑な私(笑)も癒される。
[ 2013/06/14 22:44 ] すまいる(介護・家族の健康) | TB(-) | CM(4)

お手数をお掛けします

この度は、パスワードと言うお手数をお掛けし申し訳ございません。

義父との時間を大切に過ごす日々。
急変後、義父は一命を取り留めてくれたが
未だ余談を許さず、治療が続いています。

家族が皆それぞれに、無我夢中で寄り添って来ているが
義弟も5月末に緊急入院。未だ入院中。
追い打ちをかける様に、義母の宇宙人もエスカレート。
平日、義父の介護、義母の世話は、義妹とPieが二人三脚。
心と身体、休まる時間が無い日々。

この様な状況ですが、笑顔は忘れていません。
義父がベッドから、見守ってくれている。
しっかりと受け止め過ごしています。
前を向いて!す・ま・い・る!

我家の記録。coco&wizの家族の記録。
その時々をありのままに綴って来ましたが
訪問してくれる方々の受取り方は人それぞれ。
不特定多数に公開の形を、しばらくの間お休みさせてください。
前を向き続けるために、ご理解お願いします。

P.S.
義父の容態が落ち着き、幸せな介護、日常を綴れるようになりたい。
[ 2013/06/12 22:17 ] e.t.c. | TB(-) | CM(2)

急変

6月1日土曜日、義父の様態が急変。
激しい嘔吐、腹痛、発熱。
検査の結果、腸閉塞を発症。
胃を2分の1切除している義父。
嘔吐の際、肝臓及び膵臓から小腸へ送られる強い消化液が肺に入り
肺細胞を破壊する肺炎を併発。
直ちに、急性期集中治療病棟へ移り、更なる検査と治療を開始。
午後には危篤状態に陥ってしまったが
強い生命力で、3日後の今日、一つ山を越すことが出来た。
肺細胞の破壊は未だ止まらず、今後が見えない状態だが
回復を固く信じ、義父と共に闘います。

まろん母ちゃんさん、iwa_gontaさん、ちょん太さん
温かい書き込みありがとうございます。
レス、明日書かせて頂きます。

義父が安定するまで、しばらくブログをお休みします。
ご理解の程、よろしくお願いします。
[ 2013/06/04 23:45 ] すまいる(介護・家族の健康) | TB(-) | CM(-)